2012年11月28日

はずみ車が回らなくなったロックミシン「BL66」の自力修理

しばらく使っていなかったロックミシン、BL66(ブラザー製)をひさしぶりに使おうとしたところ、はずみ車が全く回らない状態に。

どこが壊れた!?と思って検索すると、どうもしばらく放置したロックミシンにはよくある症状のようで、駆動軸が固着してしまっているようです。

「ちょっとでも動くなら注油しましょう」とあったけど、微動だにせず。プラのノブは僅かに動く(ねじれる?)ものの、底板を外して中を見てみると、まったく動いてない。

油を差して一晩置いても改善の気配無し。

ためしに駆動軸の中央付近にあるカウンターウェイトのところを叩いてみたところ、90度ほど回ることは回ったけど、それでもまったく緩む気配無し。

仕方がないので、CRC556を駆動軸が密着してそうな箇所にひととおり吹いてから、駆動軸の赤丸で囲んだあたりをウォーターレンチでつかんで、グイと回したところ、固着が解消。それ以後は、はずみ車がいつもぐらいの重さで回るようになったので、CRC吹いた各部にミシン油をたっぷりさしてから蓋をして終了。

レンチでつかむ際には布を噛ませてたのですが、軸に若干傷が入ってしまいました。。。。


とりあえずは、今後こまめに動かすようにしないとね。


BL66-2.jpg
posted by へろ at 18:50 | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記